POPデザイナー.net

POP広告作成やPOPライターなるための教室スクール比較、資格検定、通信教育、通信講座の評判口コミ人気ランキング

メニュー
  • pop

    諒設計アーキテクトラーニング評判口コミ

    諒設計アーキテクトラーニングスクールって?諒設計アーキテクトラーニングスクールは、1985年に建築分野の教育をメインにスタートした通信教育分野では実績と長い歴史を持つ団体です。現在では、建築分野はもとより、インテリアや暮らし、アロマテラピーといった、より生活に密着した多くのジャンルを抱え、通信教[...]

    続きを読む
  • pop

    日本アロマメディカル心理セラピー協会評判口コミ

    中心は「心のケア」!日本アロマメディカル心理セラピー協会ってどんなところ?日本アロマメディカル心理セラピー協会は、心のケアを中心とした技術の各スキルが一定以上の水準であることを認定する民間資格団体です。「アロマヒーリングセラピスト」「カラーセラピー」「メディカルハーブカウンセラー」「ストレスケア[...]

    続きを読む
  • pop

    日本デザインプランナー協会評判口コミ

    【デザイン→ビジネスの時代に注目の機関】日本デザインプランナー協会って?みなさんは昨今、一番売れているトースターがどんなものだかご存知ですか?いろいろなメーカーが似たような性能の製品をそろえていれば、後は価格だけが判断基準なのでしょうか?イエイエ、実は今一番売れているトースターは「バルミューダデ[...]

    続きを読む
  • pop

    日本安全食料料理協会評判口コミ

    【食にかかわるスペシャリストを育てる】日本安全食料料理協会って?みなさんは毎日コーヒーを飲みますか?街を見渡してみれば、、チェーン店やインディペンデント、とにかくお店が増えていることに気がつきますよね。コーヒーは今「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」と呼ばれるブームの真っ只中。清澄白河に出店し[...]

    続きを読む
  • pop

    日本インストラクター協会評判口コミ

    副業・開業に強い味方。日本インストラクター協会って?日本インストラクター協会と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?インストラクター=「教える人」。スキーやゴルフのインストラクターなら、誰でも聞いたことがある「教える人」のイメージに合致するかもしれませんね。そう、日本インストラクター[...]

    続きを読む

デザイン

デザインとは・・・L200b

デザインと聞いて、何を思い浮かべますか。多くの人は見た目に関してのものを考えたと思います。

デザインとは、設計・意匠・計画・構想・機能といった意味のことです。

驚くべきことに、見ために関する記述は一切ありません。

1 デザインの語源

デザインの語源はデッサンと同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語です。

つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することとされています。

 

1 デザインの4つの基本原則

 

  1.近接

  2.整列

  3.反復

  4.コントラスト

 

11 (2)  1.近接

近接とは、関連する項目をまとめてグループ化することです。関連する項目(情報)は空間的に近づけ、逆に関連しない項目は離して配置する必要があります。

視線の流れを意識し、どこから見始めてどういう道筋をとり、どこで見終わるのかを考えます。この時、見終わった後どこに目が行くのかも考慮する必要があります。

全体の論理的な流れが目で追えるようにします。

近接の目的は情報の組織化です。関連する情報を近づけてグループ化すると、組織構造ができあがります。つまり、似た者同士の集まりが生まれるます。情報の組織化をすることで、意味のある余白が生まれ、人に読んでもらいやすいデザインになります。情報のグループ化はとても重要なことです。

11 (2)  2.整理

ページ上のものを左揃え、あるいは右揃えというように意識的に配置すると、目に見えない透明な線が生まれますが、これが整列です。

この時、すべての要素が視覚的なつながりをもつようにします。

このように整列を用いることでページの内容に一体感が生まれると同時に、組織化につながります。意識的な強い整列によって、洗練された、格調ある表現が可能になります。

11 (2)  3.反復

反復は、デザイン上のある特徴を作品全体を通して繰り返すことです。反復させるものは、太字体、罫線、色、アイコンなど様々なものがあります。

ある要素を繰り返して用いることで、作品全体に一貫性や統一感が生まれます。

反復を用いることで作品に統一感が生まれます。統一感があると、情報がよりわかりやすくなります。

11 (2)  4.コントラスト

コントラストとは、2つの要素が異なる場合に見た目をはっきりと異ならせることです。

ページ上にコントラストがあることで、見る人の目をひきつけます。コントラストがはっきりしている方が、デザインにメリハリが生まれ、他の人目は自然と引き込まれていきます。さらに、コントラストには情報の組織化を支援する効果があります。ある項目から次の項目へと視線が移るとき、情報の組み立て(=論理的な流れ)が見る人にとってわかりやすいものになります。

関連記事

  1. pop
  2. pop
  3. pop
  4. pop
  5. pop
  6. pop