POPデザイナー.net

POP広告作成やPOPライターなるための教室スクール比較、資格検定、通信教育、通信講座の評判口コミ人気ランキング

メニュー
  • pop

    諒設計アーキテクトラーニング評判口コミ

    諒設計アーキテクトラーニングスクールって?諒設計アーキテクトラーニングスクールは、1985年に建築分野の教育をメインにスタートした通信教育分野では実績と長い歴史を持つ団体です。現在では、建築分野はもとより、インテリアや暮らし、アロマテラピーといった、より生活に密着した多くのジャンルを抱え、通信教[...]

    続きを読む
  • pop

    日本アロマメディカル心理セラピー協会評判口コミ

    中心は「心のケア」!日本アロマメディカル心理セラピー協会ってどんなところ?日本アロマメディカル心理セラピー協会は、心のケアを中心とした技術の各スキルが一定以上の水準であることを認定する民間資格団体です。「アロマヒーリングセラピスト」「カラーセラピー」「メディカルハーブカウンセラー」「ストレスケア[...]

    続きを読む
  • pop

    日本デザインプランナー協会評判口コミ

    【デザイン→ビジネスの時代に注目の機関】日本デザインプランナー協会って?みなさんは昨今、一番売れているトースターがどんなものだかご存知ですか?いろいろなメーカーが似たような性能の製品をそろえていれば、後は価格だけが判断基準なのでしょうか?イエイエ、実は今一番売れているトースターは「バルミューダデ[...]

    続きを読む
  • pop

    日本安全食料料理協会評判口コミ

    【食にかかわるスペシャリストを育てる】日本安全食料料理協会って?みなさんは毎日コーヒーを飲みますか?街を見渡してみれば、、チェーン店やインディペンデント、とにかくお店が増えていることに気がつきますよね。コーヒーは今「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」と呼ばれるブームの真っ只中。清澄白河に出店し[...]

    続きを読む
  • pop

    日本インストラクター協会評判口コミ

    副業・開業に強い味方。日本インストラクター協会って?日本インストラクター協会と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?インストラクター=「教える人」。スキーやゴルフのインストラクターなら、誰でも聞いたことがある「教える人」のイメージに合致するかもしれませんね。そう、日本インストラクター[...]

    続きを読む

日本生活環境支援協会評判口コミ

QOLという言葉を知っていますか?

突然ですが、QOLという標語を知っていますか?QOL=Quality of Lifeを略したもの、直訳すると「生活の質」です。「その人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか」という尺度で、医療の現場で使われていた言葉でした。どれだけお金があって、つまり「生活水準」が高くても、「質の良いくらし」をしているとは限らない。上手な住まい方や健康な暮らし方、自分に見合った生き方も大事ですよね。

今、そのQOL=生活の質を上げるために、社会では多くの細分化されたスペシャリスト=アドバイザーが求められています。収納やお掃除、健康、ガーデニングやエコライフなど、ぱっと思いつく分野ひとつをとっても、忙しく働いている人に十分な知識やノウハウを得る機会があるでしょうか?今回紹介する「日本生活環境支援協会」は、そういった生活のさまざまなジャンルに精通した専門家を育成する資格認定団体です。いわば時代の要請を受けて誕生した、新しい社会的スキルを認め、幅広く活躍の場を作ろうとする機関と言えるでしょう。

日本生活環境支援協会が認定する資格とその方向性

「収納マイスター」「お掃除コンサルタント」「ガーデニングアドバイザー」などの肩書きを聞いたことはありませんか?これらはすべて「日本生活環境支援協会」が主催し、認定する資格の一部です。テレビなどでたびたび活躍するタレントにも、この肩書きを持って活動されている方がいますね。現代の生活は、収納ひとつとっても専門知識なしに暮らすことが難しい時代。それだけモノがたくさん溢れていますし、また取り扱いもさまざまです。そんな収納に精通した専門化が「収納マイスター」。「お部屋が片付けられなくて困っている…」「モノが捨てられないのでおうちが汚くなる」「断舎離して生活をシンプルにしたい…」などのキーワードは、ネット上でも頻繁に散見され、注目度の高さが伺えますね。誰しもが、豊かな生活をしたいと思っているのです。生活に質を向上させるために、必要な専門家は、まだまだ不足していますし、これから伸びていくジャンルとして期待されていると言えるでしょう。

日本生活環境支援協会の紹介文にはこうあります。

・生活における各スキルが一定の水準以上であることを認定する

・各スキルの技術者の社会的地位の確立を図る

企業やユーザーの発する「こんなジャンルの専門家に話を聞きたい、相談したい」というニーズに対して専門家探しをするときに、「肩書き」「資格」以上に役立つものはないですよね?協会は、そんな肩書きをもった生活の専門家に、より一層活躍の場を広げ、ビジネスのチャンスを与えるために、各分野のスキルがあるかどうかを判定し、資格を付与しています。

資格を得ることで活躍の場が広がる

日本生活環境支援協会が主催する資格は現在(2016年7月)13種類。中には「羊毛フェルトアドバイザー」「手芸アドバイザー」「ライフ環境アドバイザー」など、まだあまり耳にしない資格もあります。資格を新たに得ることで肩書きを補強し、今の得意分野に関連させて立体的にキャリアを構築することで、活躍の場は確実に広がると見られています。実際、「資格を取得することで、今まであやふやだった知識他が体系化され、お客様での提案にも自信がついた」との声も寄せられており、口コミ・評判の高さが伺えます。

また資格を身につけることの具体的で即効性のあるメリットとしては、自宅やカルチャースクールでの講師活動がしやすくなる、という点です。今、こういった資格を取りたいという多くの人は、空き時間を有効に使いたい専業主婦や、セカンドキャリアを目指す女性です。資格があることで、自分の生活を向上させるだけではなく人のためにもなり、日々少しでもお金を稼ぐことができれば、社会での居場所も見出しやすく、「一億総活躍社会」というキャッチフレーズにも、まさしく当てはまるのではないでしょうか。そういった意味でも、日本生活環境支援協会は注目を集めており、これからの発展が期待されます。

関連記事

  1. pop
  2. pop
  3. pop
  4. pop
  5. pop
  6. pop