POPデザイナー.net

POP広告作成やPOPライターなるための教室スクール比較、資格検定、通信教育、通信講座の評判口コミ人気ランキング

メニュー
  • pop

    諒設計アーキテクトラーニング評判口コミ

    諒設計アーキテクトラーニングスクールって?諒設計アーキテクトラーニングスクールは、1985年に建築分野の教育をメインにスタートした通信教育分野では実績と長い歴史を持つ団体です。現在では、建築分野はもとより、インテリアや暮らし、アロマテラピーといった、より生活に密着した多くのジャンルを抱え、通信教[...]

    続きを読む
  • pop

    日本アロマメディカル心理セラピー協会評判口コミ

    中心は「心のケア」!日本アロマメディカル心理セラピー協会ってどんなところ?日本アロマメディカル心理セラピー協会は、心のケアを中心とした技術の各スキルが一定以上の水準であることを認定する民間資格団体です。「アロマヒーリングセラピスト」「カラーセラピー」「メディカルハーブカウンセラー」「ストレスケア[...]

    続きを読む
  • pop

    日本デザインプランナー協会評判口コミ

    【デザイン→ビジネスの時代に注目の機関】日本デザインプランナー協会って?みなさんは昨今、一番売れているトースターがどんなものだかご存知ですか?いろいろなメーカーが似たような性能の製品をそろえていれば、後は価格だけが判断基準なのでしょうか?イエイエ、実は今一番売れているトースターは「バルミューダデ[...]

    続きを読む
  • pop

    日本安全食料料理協会評判口コミ

    【食にかかわるスペシャリストを育てる】日本安全食料料理協会って?みなさんは毎日コーヒーを飲みますか?街を見渡してみれば、、チェーン店やインディペンデント、とにかくお店が増えていることに気がつきますよね。コーヒーは今「サードウェーブ(第3の波)コーヒー」と呼ばれるブームの真っ只中。清澄白河に出店し[...]

    続きを読む
  • pop

    日本インストラクター協会評判口コミ

    副業・開業に強い味方。日本インストラクター協会って?日本インストラクター協会と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?インストラクター=「教える人」。スキーやゴルフのインストラクターなら、誰でも聞いたことがある「教える人」のイメージに合致するかもしれませんね。そう、日本インストラクター[...]

    続きを読む

POP広告クリエイター

POP広告クリエイターとは・・・

POP(point of purchase)広告の企画・製作技能者または資格のことを指します。社団開経営指法人導協会が厚生労働大臣の認可を受けて実施するPOP広告クリエイター技能審査試験の合格者に与えられる資格で、試験は流通業・小売業などにおける販売促進業務の技能向上を目的に1987年(昭和62)から実施され、レタリング技術だけでなく幅広いPOP広告作成能力を審査します。

受験資格は実務経験1年以上が目安となっていますが、専門学校などでPOP広告作成に関する学習をしている人も受験は可能です。年2回(例年8月・2月)実施され、学科試験と実技試験があり、合格者はPOP広告クリエイターの資格が取得できます。

04 (3)  活動場所

POP広告クリエイターは、主に百貨店やスーパーマーケットなどの小売業の販売促進部門や、デザイン事務所、広告代理店、広告制作会社、各種メーカーの営業部などで活躍します。これらに勤務し、商品の販売をより促進するためのPOP広告を制作しています。

個人経営の小さなお店でも、オーナーや店員がPOP広告クリエイターの勉強をして資格を取り、商売に役立てているケースがあります。また経験と実績を積んで独立し、フリーランスとして活躍しているクリエイターもいます。

04 (1)  向いている人

POP広告は、基本的に文字で情報を伝えるものですので、レタリングの技術が重要ですが、それ以上に大切なのは、お客の心をとらえる言葉のセンスです。

一種のキャッチコピーのセンスが求められると同時に、商品の特徴などを上手にまとめる能力も問われます。文章が得意で、言語感覚に自信のある人が向いています。

また、POP広告では、レタリングのほか、イラストを添えることも多々あります。上手な絵が描ける人、または、おもしろい絵が描ける人は向いているかもしれません。

なお、POP広告クリエイターには20代の女性が多いという特徴があります。若い女性のセンスが活きる仕事になります。

04  取得方法

POP広告クリエイターは、社団法人の公開経営指導協会が実施するPOP広告クリエイター技能審査試験に合格することで取得できる民間資格(厚生労働大臣認定)です。試験は8月と2月の年2回おこなわれ、学科試験と実技試験で構成されています。学科30分間に対し、実技は160分間にわたり、実際にPOP広告を作成します。

関連記事

  1. pop
  2. pop
  3. pop
  4. pop
  5. pop
  6. pop